千石会の発足に当って 会長 高畑三雄

幼いときは親の親を、なつかしみをもって知りたいという気持ちがあります。すこし大きくなるにつれて、またその親を、また従兄弟の存在を知りたいというようになります。なつかしいというような気持ちよりは、只知りたいという、むしろ興味のような心持ちでしょうか。 青年期にはどうということもなく過し、壮年期老年期に入るにしたがって祖先を、伯叔父母を、イトコ、ハトコはと、それもなつかしみの心をもって知りたいと思うようになります。けれども、それに手を付けて調べるということは、なかなかオックウであり、面倒であり、むずかしいことです。...
大政奉還150周年記念プロジェクト「維新の群像」に岩下方平が掲載されました

大政奉還150周年記念プロジェクト「維新の群像」に岩下方平が掲載されました

平成29年6月24日 千石会では、大政奉還150周年記念プロジェクト公式サイト、幕末維新の群像に新たに岩下方平(みちひら)が追加掲載された事をお知らせいたします。 当初鹿児島出身の人物として大久保利通、小松帯刀、西郷隆盛、天璋院篤姫(サイト掲載順)の4名が鹿児島市の情報提供により掲載されていましたが、より史実に近い情報掲載を実現するため独自に京都市に交渉した結果、無事追加掲載していただきました。 掲載URL(岩下方平):http://www.taiseihokan150.jp/person/iwashitamichihira/...